忍者ブログ
中国滞在から帰ってきて、日々の出来事や感想など。カテゴリー【新】参照。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと前にチラッと話しましたが、テレビ版のマクロスが懐かしくて観ていました。
最後まで制覇したので、思ったことなど書いとこっと。



そもそも、出てくるロボットのバルキリーっていうのが格好よかったのと、リン・ミンメイというヒロインの歌以外はあまり印象もなく。
どんな話だったかなぁ~って思っていました。

しかし、意外にも観始めたらオープニングもエンディングもフルで歌えてしまうではないか。
こりゃ、内容も覚えているのかと思いきや、きれいさっぱり忘れていました。
記憶中枢って適当なんだね。
そういやぁ、映画版のサブタイトルは「愛・おぼえていますか」だっけ。
すいませんねぇ、忘れてましたよ。
たしか映画館にも行った記憶があるな…。
まあ、いいや。



さて、内容ですが、
西暦1999年に異星人の宇宙戦艦が空から降ってきます。
この当時はとりあえず、1999年に空から何かを降らせておけというのが、漫画・アニメ界の常識でした。
(ほんとかよ!って突っ込みつつも、ホントそうだったのだ。フフフ)

10年掛けて、宇宙戦艦を飛べるものに修復します。
それがマクロスです。

そう、
2009年がマクロスの物語スタートの年です。
来年です。
皆さん、異星人が攻めてきますので、そろそろローンを組んでシェルターを購入したほうがいいです。

もし、金銭的な余裕がない人でも大丈夫です。
相手の異星人は「文化」を知りません。
歌を歌ったり男女でキスすれば相手はひるみますので、その隙に逃げることが可能です。
もしもの時は、思いだしてください。

お金に余裕がある人は、
バルキリーというロボットに可変可能な飛行機を購入することをお勧めします。
なにせ、異星人は身の丈10mもある大男(大女)ですから。
異文化コミニュケーションも大変です。

トホホからのアドバイスでした。
(ってどんなやねん!)




さてね、個人的な感想ですけど、
ロボットがカッコイイ以外は、なんだかなぁって感じです。

今、このアニメ放送しても多分ウケないと思う。
(あたりまえじゃん、今どきのアニメじゃないんだから!)
次から次に観たいって作品じゃなかったです。
(でも、当時は面白かったんだろうなぁ)

異星人が文化を知らないって設定自体はナイス発想だけど、
それを完全に活かしていないっていうか。
戦闘もカッコいいけどイマイチ盛り上がりに欠けてるような…。
主人公と二人の女性との三角関係も、オレには興ざめでした。

玩具の売上が好調で、放送が伸びたらしいんですが、
後の1/3は、それがまるわかりの作りでした。
でも、確かにバルキリーの可変プラモ欲しい。

まあ、なんだかんだ言って、そこそこ楽しんで全部観たんですけどね…。



とりあえず、愛は思い出しました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124
«  Back :   HOME   : Next  »
こよみ
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
こんなやつ
HN:
トホホ
性別:
男性
自己紹介:
「やってみなきゃわからない」って持論があるけど、神経質なのでやる前に色々考えてしまう自分。そんな性格を何とかしたい。
おっちょこちょいがゆえに、HNはトホホです。
最新コメント
[04/27 Queenie]
[09/11 miyo]
[09/10 バルカン和尚]
[07/19 miyo]
[07/15 ゆみぴい]
最新トラックバック
カウンターで㌃
良ければどうぞ!
忍者ブログ [PR]