忍者ブログ
中国滞在から帰ってきて、日々の出来事や感想など。カテゴリー【新】参照。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観ました。

オレ、中国に来てから初めてエヴァTV版を観た程度の人なので、それなりの感想で。

素直に面白かったです。
画像もきれいだったし、話の流れのテンポもよくて。
エンドロールの後に予告編も入ってて、次も観たいなって思いました。


でも映画よりも、この映画のレビューをしている人を色々なサイトで見るのが面白い。
こだわりが凄くて(笑)



・綾波が笑顔を見せるシーンの画像が若干暗い。
・TV版で謎の部分だった部分の説明が邪魔。
・初号機、かっこよすぎ☆萌。
・ラミエルに鳥肌立った。
・やりましたね、庵野さん!
etc...


ふ~む。
みんなディープなのね。
それほど、奥が深い作品ということなんでしょうか?
でも、けっこう高評価なのでみんな納得の出来なんでしょうね。

TV版の時には、話がダーク過ぎて自分が落ち込んじゃうので、次もう観ないだろうなって思っていたんですけどね。
まあ、4部作らしいのでコレはコレで次作から映画館で観てしまうだろうと思われます。
え?オレもハマってるって?
(でも、別に萌えないし…)



そういえば、もうすぐ映画館に行けるようになるんだなぁ。
単純に嬉しい!
DVDでは迫力や雰囲気に限界がありますからね。
映画って観る場所や環境によって、感想も違ってきたりするし。

その昔、「X-MEN 」を映画館で観た時に、
初めてひとりで観た次の週に、知り合いと別の映画館で観たら、そっちの方が面白かった事があります。
なんででしょうね?
え?オレだけ?

PR
観たいなぁと思っていたのに、見つからなかった一品ですがようやく手に入れることができました。

オレ仮面ライダー好きなんでね。へへへ

前回の「仮面ライダー THE FIRST」と合わせて、
昭和の仮面ライダーとは違う!と評価する人もいるみたいですが、
原作の漫画版には雰囲気が似ているかなぁ~というのが自分の正直な感想です。




今回は仮面ライダー1号2号のほかにV3が出てきますが、3人そろってデザインがメチャメチャカッコいいです。


そして、それに合わせて役者さんも3人ともイケメンです。
3人とも特撮出身ですね。
主人公は微妙(笑)ですけど。

1号…黄川田将也(セーラームーンTV実写版、カラオケ店店員)
2号…高野八誠(仮面ライダー龍騎、仮面ライダー・ライア)
V3…加藤和樹(仮面ライダーカブト、仮面ライダー・ドレイク)
というか、二人は仮面ライダー2回目じゃん。


この映画でワクワクしちゃう、おじさんは変でしょうか?
感想言えって言ったって、好きなんだからべた褒めするしかないじゃん?
もう、どうでもいんですよ、ストーリーなどは。
といっても、今回ストーリーもしっかりしてましたけどね。
ライダーが動くだけでいいんです。
意味もわからず、日曜朝に仮面ライダー観ている子供と一緒っす。

途中でお色気シーン(って言っても一瞬)が一カ所あったからか知りませんが、PG-12です。
そこまでするなら、PG-18にしてバトルロワイヤルばりの過激描写も入れてほしいものです。

このシリーズ続いてくれないかなぁ。
個人的にはストロンガーまでは、行ってほしいんだけど。
キングダーク出せば、絶対盛り上がるって!

なんだか、仮面ライダー全然知らない人には、どうでもいい記事になってしまったのう。
まあ、いいじゃん、たまに。
(え?この間もそんなこと言ってた?)
日本にいる時に原作コミックを購読していたのを覚えています。
この映画の存在を知りませんでした。
一応、車の映画なのですが、
「おっさんよ、夢を諦めるな」
っていうのがテーマで、自分は感動しながら見れました。

ボーナスも貰えない、寂れた自動車工場で働く主人公。
ボーナスが払えないと言われ、代わりに貰った三菱スタリオン(カッコイイ!)。
その車を観て若いころに出られなかったラリーのレースを思いだし、
若者達が集まる峠のタイムアタックに繰り出します。
…という内容。



一見、夢見る不幸な主人公って感じなんだけどさ。
サブの設定がよろしくないよ。

だって、奥さん、酒井法子だよ。
しかも、旦那が低収入だって理解してて生活をやりくりしようと努力してる。
住んでいる家は一軒家。
子供も健康な男の子と女の子一人ずつ。

こんな幸せな生活あるかい!
代わってほしいわ!

子供はディズニーランドへ行きたいと駄々をこねるけど、
お金がないから行けない。
かわいそうかなぁと思いきや、
パパが元レーサーだとわかると、ディズニーランドはいいからサーキットへ連れて行けって。
できた子供ですこと。


ここまで書くと、タダの僻みオヤジですね。
人生の負け組?
うっさいわい。ほっとけ!
(やっぱり、ほっとかないで…ボソッ)


さて、酒井法子ですがね、
自分の1コ上なことが判明しました。
驚きです。
こんな姉さん女房がいたら、どんな生活でも耐えちゃいます。

くっそー。
日本へ帰って幸せになってやるぜ!
(努力しろよっ!←自分で言うな。)



さいきん流行りのドリフトモノとはちょっと違うので、
車の描写には、物足りなさを感じる人もいるかもしれないけど、
自分はこれぐらいが、ちょうどよかったかな。

ストーリーも、オヤジに勇気を与えてくれる内容でよろしいかと。
(って、結構気に入ってるんじゃん。)
まあ、そんな感じでした。

ちょっと前にチラッと話しましたが、テレビ版のマクロスが懐かしくて観ていました。
最後まで制覇したので、思ったことなど書いとこっと。



そもそも、出てくるロボットのバルキリーっていうのが格好よかったのと、リン・ミンメイというヒロインの歌以外はあまり印象もなく。
どんな話だったかなぁ~って思っていました。

しかし、意外にも観始めたらオープニングもエンディングもフルで歌えてしまうではないか。
こりゃ、内容も覚えているのかと思いきや、きれいさっぱり忘れていました。
記憶中枢って適当なんだね。
そういやぁ、映画版のサブタイトルは「愛・おぼえていますか」だっけ。
すいませんねぇ、忘れてましたよ。
たしか映画館にも行った記憶があるな…。
まあ、いいや。



さて、内容ですが、
西暦1999年に異星人の宇宙戦艦が空から降ってきます。
この当時はとりあえず、1999年に空から何かを降らせておけというのが、漫画・アニメ界の常識でした。
(ほんとかよ!って突っ込みつつも、ホントそうだったのだ。フフフ)

10年掛けて、宇宙戦艦を飛べるものに修復します。
それがマクロスです。

そう、
2009年がマクロスの物語スタートの年です。
来年です。
皆さん、異星人が攻めてきますので、そろそろローンを組んでシェルターを購入したほうがいいです。

もし、金銭的な余裕がない人でも大丈夫です。
相手の異星人は「文化」を知りません。
歌を歌ったり男女でキスすれば相手はひるみますので、その隙に逃げることが可能です。
もしもの時は、思いだしてください。

お金に余裕がある人は、
バルキリーというロボットに可変可能な飛行機を購入することをお勧めします。
なにせ、異星人は身の丈10mもある大男(大女)ですから。
異文化コミニュケーションも大変です。

トホホからのアドバイスでした。
(ってどんなやねん!)




さてね、個人的な感想ですけど、
ロボットがカッコイイ以外は、なんだかなぁって感じです。

今、このアニメ放送しても多分ウケないと思う。
(あたりまえじゃん、今どきのアニメじゃないんだから!)
次から次に観たいって作品じゃなかったです。
(でも、当時は面白かったんだろうなぁ)

異星人が文化を知らないって設定自体はナイス発想だけど、
それを完全に活かしていないっていうか。
戦闘もカッコいいけどイマイチ盛り上がりに欠けてるような…。
主人公と二人の女性との三角関係も、オレには興ざめでした。

玩具の売上が好調で、放送が伸びたらしいんですが、
後の1/3は、それがまるわかりの作りでした。
でも、確かにバルキリーの可変プラモ欲しい。

まあ、なんだかんだ言って、そこそこ楽しんで全部観たんですけどね…。



とりあえず、愛は思い出しました。

はい。
おっさんのくせに、このような映画をみて喜んでいる人がここにいますよ。

今年の2月頃にTV版を制覇して、やっと劇場版を手に入れました。
今回は、TV版と内容がリンクしていたので是非見たいと思っていました。

えー主要キャストは、TV版でお馴染みの人たち+陣内智則、ほしのあき、渡辺裕之の3人ですね。

ほしのあきは全然ストーリーに絡んでなかった気がしますよ。
何のために出てきたんでしょうか?
お色気もあるわけでなし。

陣内智則なんですけど、自分の中では彼はカッコイイなぁって思ってて、
髪型マネしようとまで思っていたのに、
(結局、あきらめて坊主にしちゃったけど)
今回出てきた彼を見て、あれ?清水圭?って思っちゃいました。
(二人とも嫁さんは美人ですけどね…)
格好でここまでイメージ変わるんですね。
オレもあきらめずにオシャレしよって思っちゃいました。
ああ、オシャレしてもダメですか、そうですか。

そして、渡辺裕之ですけどね。
クロマティ高校といいこの映画といい、仕事選べないのでしょうか?
最近3枚目役多くね?
ファイト一発ですよ。
(意味不明)


さて、仮面ライダーの話ですけどね。
仮面ライダー超好きです。
昭和ライダー、平成ライダー共に。

自分のお気に入り№1はアマゾンです。
お金払うと、商品を届けてくれるライダーです(ウソ)。
あのピラニアのようなフォルムが超かっこいいと思っています。
ああ、どうでもいいですか。そうですか。

仮面ライダーシリーズの役者さんたちって、
最近有名になっていきますね。
電王も今やってるドラマの「ルーキーズ」に出てるみたいですね。

そういえば、「ごくせん」も特撮モノの宝庫ですよ。
こっちは、ドラマの後特撮デビューが多いですけど。
ちらっと映る脇役に、戦隊モノの主役とかいますから。
特撮好きは要チェックです。

などと、どうでもいい知識を披露し、
今日は、こんなところで。

あれ?また映画の感想書いてない…

[1] [2] [3] [4
  HOME   : Next  »
こよみ
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
こんなやつ
HN:
トホホ
性別:
男性
自己紹介:
「やってみなきゃわからない」って持論があるけど、神経質なのでやる前に色々考えてしまう自分。そんな性格を何とかしたい。
おっちょこちょいがゆえに、HNはトホホです。
最新コメント
[04/27 Queenie]
[09/11 miyo]
[09/10 バルカン和尚]
[07/19 miyo]
[07/15 ゆみぴい]
最新トラックバック
カウンターで㌃
良ければどうぞ!
忍者ブログ [PR]