忍者ブログ
中国滞在から帰ってきて、日々の出来事や感想など。カテゴリー【新】参照。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あし@繋がりでmiyoさんのブログで感想を見て、面白そうだったので観てみました。

文明モノ、結構好きです。
ロマンがあっていいですねぇ。
民族衣装とか、そういうのにも惹かれます。
それだけでも、心ワクワクで観れましたよ。

余談ですが、中部地方にある「リトルワールド」ってところで一日ボーっとしていてもいいかなって思っちゃう自分です。


さて、ストーリーですがね、

前半は村が襲撃されて、
中盤でマヤ文明の文化に触れられて、
後半は追いかけっこ。

ってな感じなんですけどね。

今回、自分らしくもなく感情移入して観ちゃいましてね、
前半でかなりブルーになりました。
もしも、自分が主人公の立場だったらって思うと、やるせない気持ちになっちまいます。
とくに、ちょっと間抜けなデブちゃんの嫁さんが悲惨なことになるところなんかね…。
こういうの苦手です。

どうでもいいですが、昔、観た「食人族」って映画も思い出しちゃいました。
え?系が違うだろって?
まあ、あっちはただのグロ映画ですけどね。ゲヘヘへ


さて、そんなブルーな気分は中盤で挽回ですよ。
なんてったって、民族好きのオレがワクワクするような展開なんだもん。
特典映像で言ってましたけど700人のエキストラで撮ったらしいっすよ。
一人一人のメイクがメッチャ大変だったらしいです。
同じのが一個もないんだって。
すげぇね。

そして、生贄の儀式!
いい!
かなり、リアル感が出ててナイスです。

なに?ここではブルーにならないのかって?
だって、古代の儀式にはロマンがあるのだ。
まあ、生贄にされは方はたまったもんじゃないけどね。


そして、後半なんですけど、
例の間抜けなデブちゃん関係で軽くブルーになりながらも、
最後はスピード感あふれていて、
話のテンポも良くて悲壮感を引きづらずに最後まで観れました。

メル・ギブソンは「パッション」の時といい、
歴史的な背景や人間の残虐なところとかのリアルさをウリにしていますね。
生々しくて、自分は結構好きです。
次は何を題材にしてくれるんでしょうか?
楽しみです。

来年、日本ではカムイ外伝が公開されるらしいですが、
カムイ伝を是非メル・ギブソンに!ってかなり無理があるけど…。
面白いと思うけどなぁ。
超グロ映画に仕上がると思うよ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75
«  Back :   HOME   : Next  »
こよみ
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
こんなやつ
HN:
トホホ
性別:
男性
自己紹介:
「やってみなきゃわからない」って持論があるけど、神経質なのでやる前に色々考えてしまう自分。そんな性格を何とかしたい。
おっちょこちょいがゆえに、HNはトホホです。
最新コメント
[04/27 Queenie]
[09/11 miyo]
[09/10 バルカン和尚]
[07/19 miyo]
[07/15 ゆみぴい]
最新トラックバック
カウンターで㌃
良ければどうぞ!
忍者ブログ [PR]